福島師の引退を飾るダイアナヘイローの鮮やかな逃切りで改めて思う「武豊の凄さ」


 
 
東京8R 4歳上500万下(芝1,600m)
とりあえず購入するかーと数分の予想の末に導き出したのがレッドルチアとサルダーナの二頭軸3連複。アルトリウス、タイキラトナンジュ、レーヌジャルダンが相手。人気になってたトリリオネアは外した。去年のクロッカスSでは1番人気に推された期待馬だったけど、その後は全然ダメで、前走3着で復活の兆し?みたいな感じで人気になっていたけど、人気になるようなら外しかなと。
 
・3連複(二頭軸) 10,16-2,6,9 各100円 (300円)
 
結果 1着アルトリウス(9) 2着ヴィータファン(12) 3着エクストラファイン(1)
→300円マイナス
 
レーヌジャルダンはまさかの最下位。でも1着のアルトリウスとはタイム差1秒という大接戦だったわけで、展開一つで順位はガラッと変わってもおかしくないレースだったのではないだろうか。予想は全くダメ。レッドルチア6着、サルダーナ13着。トリリオネアは4着にきたので、さすがに500万下はそのうち勝ちそう。
 
 
阪神9R すみれS 3歳オープン(芝2,200m)
8頭立ての少頭数。人気は前走京成杯2着のコズミックフォース。しかし逃げてしぶとい2番人気ケイティクレバーを本命に。とは言えさすがにコズミックが3着以内に来ないとは考え辛いので、二頭軸3連複に。
 
・3連複(二頭軸) 2,5-1,7,8 各100円 (300円)
 
結果 1着キタノコマンドール(7) 2着ケイティクレバー(5) 3着ビッグスモーキー(3)
→300円マイナス
 
逃げ粘るケイティクレバーをきっちりと最速の上がりで差しきったキタノコマンドールの強さが際立ったレース。これで2戦2勝。フサイチコンコルドの再来か!!コズミックは全然伸びず5着。
 
 
中山9R 黄梅賞 3歳500万下(芝1,200m)
ラストプリマドンナが単勝1.4倍の圧倒的人気となったこのレース。中山1,200mで前々でレースを運べるこの馬を外す理由が無い。何なら馬単でもいいかも、と思ったが、とりあえず馬連で。相手探しなわけだが、混戦模様なので、手広く5点。
 
・馬連 10-2,5,9,11,12 各100円 (500円)
 
結果 1着カイザーメランジェ(9) 2着ラストプリマドンナ(10) 3着セイウンミツコ(5)
→的中 馬連 570円(+70円)
 
さすが中山得意の田辺。見事な末脚を繰り出してカイザーメランジェ勝利。ラストプリマドンナも完璧なレースだったとは思うが、詰めが甘い。的中したけど、思ってたよりもカイザーが人気あってギリギリのプラスに。
 
 
阪神10R 伊丹S 4歳上1,600万下(ダ1,800m)
ここまで4戦3勝の「2億4,840万円の馬」フォギーナイトが出走。1番人気だろうなぁと思ったけど、2番人気。1番人気はルメール騎乗のクリノリトミシュル。ここ2戦続けて同じ条件2着なので「今度こそ」といったとこか。しかしフォギーナイトは1,800mは少し長いような気もするし、クリノリトミシュルも休み明けなのでなんか不安を感じる。そこで少し狙ってホーリーブレイズを本命に。フリオーソ産駒で取引価格は270万円。フォギーの100分の1程度の価格!がんばれ雑草魂!
 
・ワイド 8-1,2,10,11,13,15 各100円 (600円)
 
結果 1着ザイディックメア(13) 2着クリノリトミシュル(2) 3着ウインユニファイド(12)
→600円マイナス
 
前にいって粘りこむティーポイズンをザイディックメアがかわし、ホーリーブレイズもジリジリと脚を伸ばす中、後ろからクリノリトミシュルが一気にかわし、そして最後の最後でウインユニファイドもやってきて、ホーリーブレイズはクビ差の4着。もう少しでワイド2点的中だったのに(涙)。辛い。
 
 
中山10R ブラッドストーンS 4歳上1,600万下(ダ1,200m)
心の傷も癒えぬまま迎えた中山8R。ここは田辺に癒してもらおうと、5番人気コパノリスボンから馬連で。
 
・馬連 5-1,3,6,7,8 各100円 (500円)
 
結果 1着ハットラブ(6) 2着レレマーマ(3) 3着コパノリスボン(5)
→500円マイナス
 
あぁなんということでしょう…今度はハナ差ですよ…。逃げて脚をなくしたレレマーマに迫るコパノリスボン。しかしハナ差届かなかった。写真判定になったものの、正直届いてないことはわかっていた。しかし「もしかしたら」と淡い期待をしていたのも事実。阪神10Rの傷をより一層深くして、メイン競争に向かうのであった。
 
 
阪神11R 阪急杯 G3(芝1,400m)
スプリント王者レッドファルクスとフランケル産駒の大物モズアスコットの一騎打ちの様相。とは言えそこまで簡単ではなさそうな雰囲気のこのレース。スプリンターには1ハロン長く、マイラーには1ハロン短い。この1,400mという距離がドラマを産む。ようするに絞りきれなかったので、馬連5頭ボックスに。
 
・馬連 2,6,12,14,17 ボックス 各100円 (1,000円)
 
結果 1着ダイアナヘイロー(13) 2着モズアスコット(17) 3着レッドファルクス(6)
→1,000円マイナス
 
まさかのダイアナヘイロー逃切り。福島師の引退を飾るドラマティックな勝利でした。まさに武豊マジック。モズアスコット、レッドファルクスも鋭い脚で追い込んできたけど一歩届かず。モズアスコットは2着に入ったことで本賞金を加算できたのは大きいですね。モーニンはやっぱり芝一線級相手だと厳しそうだ。
 
 
中山11R 中山記念 G2(芝1,800m)
好きなペルシアンナイトの4歳初戦。昨秋はマイルCSを勝利し、実力を見せたが、さて今年はどうだろうか。多少の不安はあるもののペルシアンナイトから馬連を。そして前々に行って粘り込みというのもありそうだなと思ってマイネルハニーからワイドも。ペルシアンナイトが負けるならば前残りなわけで。
 
・馬連 4-2,3,5,6 各100円(400円)
・ワイド 6-2,3,4,5 各100円(400円)
 
結果 1着ウインブライト(5) 2着アエロリット(10) 3着マルターズアポジー(8)
→800円マイナス
 
まさかのマイネルハニーの出負け…。その時点でワイド馬券は終了。そして単騎で気持ちよく(少し速かったけど)逃げたマルターズアポジーが粘る直線。同じく前に行っていたアエロリット、その後ろを走っていたウインブライトが最後にかわしてゴール。ウインブライトの器用さが勝因かな。アエロリットはプラス18キロだったので消したけど、実力あるなぁ。ペルシアンナイトはメンバー最速の上がりを見せるも5着。ヴィブロスは見せ場無く8着。そして出負けしたマイネルハニーは最下位…。
 
 
というわけで本日は3,430円のマイナスとなりました。東西の10Rが取れていればな…。
 
 

2018/02/25 

福島師の引退を飾るダイアナヘイローの鮮やかな逃切りで改めて思う「武豊の凄さ」

オウケンブルースリ産駒のオウケンムーンが共同通信杯を勝利!これぞ競馬のロマン!


 
 
東京6R 4歳上500万下(ダ2,100m)
1番人気のグランドバローズだが鞍上は外国人騎手のムーアと嫌な予感。外国人騎手のダート戦は信じないようにしているので消し。「左回りは良さそう(東京が合うかはわからん)」な田辺騎手ジャコバイティズム(4番人気)と近走安定のスターフラッシュ(2番人気)、なんとなくバリンジャーのワイドボックス。3着に突っ込んでくる可能性が少しありそうな気がした人気薄サトノギャラクシーを複勝で。
 
・ワイド 8,9,13 ボックス 各100円 (300円)
・複勝 7 (100円)
 
結果 1着エンパイアカラー(5) 2着スターフラッシュ(8) 3着ワイルドゲーム(9)
→400円マイナス
 
3コーナー手前くらいから田辺ジャコバイティズムがまくりを見せて先頭に。場内歓声とも罵声とも言えないざわつき。結果少し早仕掛けだったかもしれないが、チャレンジとしては悪くなかったのではないでしょうか。最後はバテてワイルドゲームにクビ差かわされて4着。あー、もうちょっとワイド取れたのになぁ。
グランドバローズ7着、サトノギャラクシー11着。
 
 
東京7R 4歳上500万下(芝1,800m)
昨年のカデナが勝った弥生賞5着以来のサトノマックスが1番人気。1戦1勝で挑んだ弥生賞で差の無い5着は実力を感じるとこだが、いかんせん11ヶ月半ぶり。馬体重も14キロ増。まぁ時期的に成長分とも考えられるけど、過剰人気じゃないかと。2番人気キャナルストリートも7ヶ月半ぶりのレース。馬体重16キロ増。この2頭は次に期待するとして、今回は消し。本命は3番人気モレッキ。またも田辺。モレッキも3ヶ月半ぶりで10キロ増なんだけど、前走がマイナス18キロとガレていたので「馬体を戻した」プラスだと思って、気にせず本命に。ちなみにモレッキは2007年の朝日杯FS勝ち馬ゴスホークケンの半弟。
 
・馬連 5-10,11 各100円 (200円)
 
結果 1着ジュンヴァリアス(6) 2着プレイヤーサムソン(11) 3着アイノカケハシ(3)
→200円マイナス
 
モレッキが終始掛かり気味のように見え、前々に。直線はもう脚が無かったなぁ。1着は豪快に追い込んだ大野騎乗の7番人気ジュンヴァリアス。大野らしい騎乗。3着に13番人気アイノカケハシが入り、荒れたレースに。2着にプレイヤーサムソン、ハナ差4着にプレシャスメイトと予想は悪くは無かった気がするんだが…。馬体重増が気になった2頭も惨敗。しかし勝ったジュンヴァリアスもプラス24キロだったんだよなぁ…。
 
 
東京8R 4歳上1,000万下(ダ2,100m)
またダート2,100mのレースだ。しかしここは前走で同じ条件で2着にきてる1番人気ラテールプロミーズで堅いだろう。鞍上の三浦皇成は今年まだ3勝だけど、2着3着が多く、複勝率は悪く無い。2番人気のラボーナはプラス14キロだし、鞍上がムーアなので消し。ラテールから馬連で、相手は手広く。
初ダートのタケルラムセスの複勝も。
 
・馬連 3-2,4,8,12,16 各100円 (500円)
・複勝 6 (100円)
 
結果 1着ラテールプロミーズ(3) 2着マイネルビクトリー(14) 3着サノサマー(12)
→600円マイナス
 
タケルラムセスが押して逃げる展開。初ダートなので砂をかぶらないように逃げたのか?そんな展開を破壊するように柴田大知マイネルビクトリーがまくりを見せて、場内歓声。3コーナーでは先頭に立ち、そのまま直線に。ピッタリ2番手につけていたラテールプロミーズがジリジリと迫り、クビ差先着。良い脚でサノサマーも突っ込んできたが3着まで。柴田大知の好騎乗。
 
 
東京9R 初音S 4歳上1,600万下(芝1,800m)
昨秋のローズS4着、秋華賞8着と3歳牝馬クラシック戦線で好勝負を見せてきたミリッサが1番人気。しかし4.1倍と大本命とはなっていない。しかしここは強いだろうと本命に。けど相手が絞れない。二頭軸3連複にしようと思ったが、ミリッサと組む相手に悩む。連勝中の3番人気インヘリットデールか東京得意のディープジュエリーか。悩んだ結果、後者に。堅実な成績のカレンリスペットの複勝も。
 
・3連複(二頭軸) 8,9-2,5,7,16 各100円 (400円)
・複勝 10 (100円)
 
結果 1着ミリッサ(8) 2着サンティール(5) 3着インヘリットデール(7)
→500円マイナス
 
インヘリットデールにしておけば…。それにしてもミリッサである。インコースで包まれて「これは無理だ」と思ったんだけど、気づいたらインを抜け出してきてクビ差勝ち。何が起きたんだ?と思うようなミラクルな騎乗だったと思う。横山典の天才的な騎乗。
 
 
東京10R バレンタインS 4歳上オープン(ダ1,400m)
本馬場への入場曲は国生さゆりの「バレンタインデーキス」という苦笑い。それにしても発売から30年くらい経ってると思うが、バレンタインの季節になるとかならず耳にする。これは凄いと思うよ。
前走でオープンのジャニュアリーSを制しているベストマッチョが1番人気。500万1000万1600万と3連勝でオープン入りした勢いあるスピーディクール、武豊騎乗、交流重賞勝ち馬のラインシュナイダー、ダート1戦のキャリアながら1600万下を制したルグランフリソンという人気順。
ベストマッチョは堅いんじゃないかと思ってて、レッドゲルニカ(5番人気)との二頭軸3連複にしようかと思ったけど、ここは手堅くベストマッチョからの馬連に。レッドゲルニカは540キロ台の時は大敗してて550キロ台の時は安定した成績をあげる傾向があるんだけど、今回は560キロ台。540キロ台よりかは良さそうな気はする。
 
・馬連 6-4,5,7,9,12,14,15 各100円 (700円)
 
結果 1着レッドゲルニカ(5) 2着ルグランフリソン(4) 3着サトノファンタシー(8)
→700円マイナス
 
2番手でじっくりレースを進めたレッドゲルニカが力強く抜け出して勝利。ほぼ同じ位置でレースをしていたベストマッチョは伸びず4着。
 
 
東京11R 共同通信杯 G3(芝1,800m)
注目の2戦2勝のグレイル参戦で注目の共同通信杯。単勝1.8倍の大本命に逆らう気は無く、僕も本命に。そのまま勝っても安いので、ゴーフォザサミットを相手に二頭軸3連複。あと、素質ありそうな横山典騎乗のブラゾンダムールからのワイドを手広く。
 
・3連複(二頭軸)10,12-1,9 各200円 (400円)
・3連複(二頭軸)10,12-2,3,6,7 各100円 (400円)
・ワイド 7-1,2,3,6,9,10,12 各100円 (700円)
 

 
結果 1着オウケンムーン(6) 2着サトノソルタス(1) 3着エイムアンドエンド(4)
→1,500円マイナス
 
グレイルは全く伸びず7着。それより勝ったオウケンムーン。あのオウケンブルースリ産駒。ムーンと同期は9頭しか種付けしなかったのに、その中から重賞馬を輩出したってとこにロマンがある。
 


 
晩成ステイヤーという印象のオウケンブルースリの仔がこの時期の重賞を勝ったことにより、種付け頭数が増えるかもしれない。大きな一勝だったのではないだろうか。
 
 
京都11R 京都記念 G2(芝2,200m)
強いと言われる4歳世代の総大将レイデオロの今年初レース。レイデオロは7分の仕上げでも勝てるんじゃないかと本命に。唯一の不安は鞍上。他の4歳勢も強そうだけど、馬券的に5歳の「善戦マン」ミッキーロケットを相手に二頭軸3連複を買うことに。
 
・3連複(二頭軸)6,9-3,4,5,7,10 各100円 (500円)
 
結果 1着クリンチャー(4) 2着アルアイン(10) 3着レイデオロ(6)
→500円マイナス
 
このレースだけ見るとクリンチャーの横綱相撲という感じ。不良馬場の菊花賞で2着してるので、今日の重馬場が味方した部分もあるかもしれないけど、思ってたより強い馬なのかもしれないなと認識を改めた。アルアインは大阪杯に出るのかな?天皇賞春は長そうだけど、2,200mくらいまでならばやはり強い。レイデオロはチグハグなレースだった気がするが、なんとか3着確保。モズカッチャンも強い。ディアドラはぜひ良馬場で。
 
 
そんなわけで、今日は4,400円のマイナスという大惨敗でした…。
 
 

2018/02/11 

オウケンブルースリ産駒のオウケンムーンが共同通信杯を勝利!これぞ競馬のロマン!

外国産馬だけど「母父ゴールドヘイロー」のコパノキッキング 8馬身差圧勝デビューで米クラシックへ

京都ダ1,200mで行われた3歳未勝利戦。なんてことないこのレースに唯一「初出走」の馬がいた。そして10番人気の謎の血統の未出走馬が2着に8馬身差の圧勝劇を繰り広げた。その馬の名はコパノキッキング
 

 
コパノキッキングはこのレースの前にアメリカクラシック登録をしたことを発表したが、今日の走りで期待は高まったことは言うまでもない。すんなり先手を奪い、そのまま楽に押し切って、1,200mで8馬身差。力が違いすぎる。
 
しかし、このコパノキッキング、血統的にかなり興味深い、というかよくわからない部分が多い。特にこの2点。
 
母父ゴールドヘイローなんだけど、外国産馬???
父Spring At Lastってどんな馬???
 

母父ゴールドヘイローの外国産馬の謎を解く

まずは母父ゴールドヘイローの謎。ゴールドヘイローは大井で走ったサンデー産駒として有名だが、種牡馬入り後はトウケイヘイローなどを輩出し、一時は年100頭を超える種付け数を記録した。そんなゴールドヘイローであるが、国内ではそこそこの種牡馬として認められてはいたものの、その産駒が海外に行く程の実績は無い。コパノキッキングの母でゴールドヘイロー産駒のCeladonの情報を調べてみたものの、驚くほどに何も無い。もう少し違う観点から調べてみることにした。
 
コパノキッキングの母Celadonは2003年の函館2歳Sを勝ったモエレジーニアスの半妹として2007年に産まれた。そしてCeladonの半妹にマサノミラコロという馬がいる。このマサノミラコロは大井で2戦未勝利に終わってるっぽいんだけど、父がFusaichi Pegasusなんですよね。そこで妄想してみたんだけど、
 
・2006年くらい ゴールドヘイローを受胎したシャルナ渡米
・2007年 アメリカでCeladon産まれる
 →Celadonはアメリカで繁殖入り
・2008年 シャルナ、Fusaichi Pegasusの仔を受胎
・2009年 シャルナ帰国→マサノミラコロを産む
 
・2015年 Celadon、アメリカでpring At Lastの仔を産む
 →Spring At LastとCeladonの仔をdr.コパ氏が購入し輸入
 →2018年2月 コパノキッキングとしてデビュー
 
という流れなんじゃないかな。ちなみにゴールドヘイローは中村畜産で種牡馬入りし、シャルナも同じく中村畜産で繁殖生活を送っていた馬(モエレは中村畜産の冠名)。
 
実際はわからないので、あくまで「妄想」ということにしておくが、たぶん上記の通りなんじゃなかろうか。もし違ったとしてもまた別のロマンがあって面白い。
 

Spring At Lastはどんな馬?コパノキッキングは米クラシックで勝てるの?

Spring At Lastという馬を今回初めて知ったのですが、現役時代はアメリカのドンHやドバイのゴドルフィンマイルを勝ったスピード馬だったようで、Silver Deputy産駒の数少ないG1馬として種牡馬入りしたのかな。実績的にはたいしたことないけど、Silver Deputyの後継として期待されていたのだろうか。
 
種牡馬成績はどうも今ひとつっぽい。2012年の2歳G1アルシビアデスSを勝ったSpring in the Airが出世頭なのでやはり種牡馬としての評価は今ひとつなんだろうな。
 
そんな中産まれたのがコパノキッキング。父系も母系もダート向きではあるが、アメリカクラシックを戦い抜くような力強さは血統的には感じない。とは言え、こういう雑草的な血統が時として爆発するケースをこれまでも数多く見てきた。コパノキッキングの爆発の可能性もゼロではない。今日の走りを見ると、期待せずにはいられない。
 
 
というわけでコパノキッキングの今後に大きな期待と注目をしていきたいと思います!(しかしDr.コパ氏の相馬眼すごいな)
 
 

2018/02/04 

外国産馬だけど「母父ゴールドヘイロー」のコパノキッキング 8馬身差圧勝デビューで米クラシックへ

「2着5回のムーンレイカー、今日も3着と勝てず」で思い出した25年前のあの馬


 
昨日の3歳500万下特別「梅花賞」を予想してたときに、有力馬のジェシー、エタリオウの未勝利戦でともに2着に入っている馬がいるのに気づきました。その馬の名はムーンレイカー。戦績を見てみると5戦して全て2着。そして今日の中京7Rの未勝利戦に出走するっていうんで注目してたんですが、3着。これで 0-5-1-0 です。
 
 
このムーンレイカーのような成績を見ると必ず思い出してしまう馬がいます。今から25年前。彼はデビュー以来 0-5-1-0 という成績(ムーンレイカーと同じ)で未勝利を抜け出せないまま、ダービートライアル青葉賞に出走して、超良血馬ステージチャンプの3着と健闘するなど、未勝利だろうがTRだろうが2、3着にくるという馬でした。
 
オールドファンなら名前が浮かぶでしょう。そう。ロイスアンドロイスです。ウイニングチケットなどと同じトニービンの初年度産駒の一頭で、その成績が示す通り実力は世代トップクラスといって良い程の馬でした。しかし圧倒的に勝ち味に遅い。青葉賞の次走の未勝利戦でようやく初勝利をあげますが、その後も3着2着2着と勝ちきれないまま秋を迎え、セントライト記念で2着に入って本賞金を獲得。そして菊花賞への出走権を得ます。
 
菊花賞で初めて7着と掲示板を外れてしまい、暮れの順オープン冬至Sでも5着と2戦続けて複勝圏内から外れてしまいます。さすがに走り続けた疲れだと思います。
 
5歳(現在で言う4歳)になり1,500万下を2着1着、G3エプソムカップでは8着惨敗してしまいますが、札幌の準オープン「サロベツS」を勝利し再びオープン馬となり、秋のG1戦線に向かいます。しかしこのサロベツSがロイスアンドロイスにとって最後の勝利となるのですが…。
 
オールカマーでビワハヤヒデの3着に粘り込み、迎えた天皇賞秋。大本命のビワハヤヒデが初めて連を外して敗れてしまった(結果引退レースとなった)ことで有名なこのレースでネーハイシーザー、セキテイリュウオーに次ぐ3着に入る大健闘を見せ、改めて実力のあるところを見せました。そして続くジャパンカップへ駒を進めます。
 

(94年ジャパンカップでのロイス君の勇姿)
 
この年のジャパンカップはアメリカのG1を4勝しているパラダイスクリークに注目が集まっていました。日本勢はG1馬がゼロという混戦模様。そんな中、最後の直線で大外を力強く抜け出し「勝った」と思わせる脚を見せたロイスアンドロイス。しかしそこでパタっと止まってしまい、内のマーベラスクラウン、パラダイスクリークに再び抜かれてしまい、結局いつものように3着でゴール。大健闘ではありますが、不甲斐なさも感じるレースでした。
 
ロイスアンドロイスはここで燃え尽きてしまったのか、翌年、翌々年は全くいい所が無いまま、放牧中に腸捻転を起こして亡くなってしまいました。大きなタイトルは取れませんでしたが、善戦を続けるも勝ちきれないレースっぷりで「記憶」に残る馬だったなぁと。
 
 
話を戻すと、ムーンレイカーはまたしても勝てませんでしたが、実力はあるので、きっかけ一つで連勝するくらいの馬じゃないかと思ってます。父は個性派のオルフェーヴル。息子であるムーンレイカーの「記憶」に残る走りを今後も注目していきたいと思います。
 
 

2018/01/28 

「2着5回のムーンレイカー、今日も3着と勝てず」で思い出した25年前のあの馬

テイエムジンソク強い、速い!キッチリ勝利【東海S】他


 
来週からは東京開催なので、その前のほのぼの東京競馬場に今年2回目の訪問。
 
 
中山8R 4歳上500万下(ダ1,200m)
寝坊したために今日も競馬場ついたらもう8レース。とりあえずざっと予想して買ってみた。今日はスポニチではなく、昨夜買った東スポで予想。東スポ紙面ではノーフィアー、アンチャーテッド、タンタラスノオカあたりが人気とあったが、実際の1番人気は16番ブランメジェール。ノーフィアーは4番人気、アンチャーテッドは3番人気、タンタラスノオカは6番人気。何にせよ上位は混戦といったとこ。BOXで買うには買い目が多すぎるので、タンタラスノオカからのワイドを上位人気馬に流した。
 
買い目 ワイド 15-1,2,5,9,12,16 各100円(600円)
結果 1着ノーフィアー 2着ブランメジェール 3着タンタラスノオカ
→的中 ワイド 2-15 850円 15-16 540円 (+790円)
 
肉南うどんを食べながら見てたんですが、早速肉南うどん分以上を回収してしまいました。ワイド2点的中。してやったり。
 
 
中山9R 若竹賞(芝1,800m)
上位3頭でしょうがないなーというレースと思いながら考え過ぎて、一周回って3連複一点買いという結論に。
 
買い目 3連複 3,6,8(200円)
結果 1着レノヴァール 2着バケットリスト 3着ディロス
→的中 3連複 280円(+360円)
 
とりあえず当たって良かったです笑 逃げる3番人気の武豊バケットを早めに仕掛けにいった1番人気ルメールのディロスがバケットを捕まえきれず、ズルズル垂れていく中で、ミルコのレノヴァールがきっちりと差す。これで「やっぱり今年のルメールはまだ調子悪いな」と確信しました。
 
 
京都10R 山科S(ダ1,200m)
福永騎乗の1番人気オウケンビリーヴと川田のリモンディが甲乙つけがたいなーということで人気どころ中心の3連複ボックスと複勝でビックリシタナモーを。ビックリシタナモーは直近はナナコで1着2着1着なんで、今回幸が乗ることでもっとやれるだろうと。ナナコでも上位にくるんだから。
 
買い目 3連複ボックス 1,3,4,10,13 各100円 複勝 6 100円 (1,100円)
結果 1着ヤマニンアンプリメ 2着ラズールリッキー 3着タガノヴィッター
 
リモンディが直前で発走除外に。レースも3番人気のヤマニンと10番人気、6番人気という荒れ模様。馬連万馬券。これは取れない。7番人気ビックリシタナモーが4着にきた。もう少し複勝取れたのになー。返還あったので500円マイナスで。
 
 
中山10R 頌春賞(ダ1,200m)
このレースも人気上位の力差があまり無いなーと絞りきれず5頭3連複ボックスに。あとは穴っぽいとこでポップシンガーとフレンチイデアルの2頭を複勝で。
 
買い目 3連複ボックス 1,3,4,5,7 各100円 複勝 8,12 各100円 (1,200円)
結果 1着マテラスカイ 2着マンカストラップ 3着キタサンガンバ
 
特に強そうだなと思ってた上位3頭が総崩れ。マテラスカイは武豊の好騎乗もあり楽勝でした。
 
 
中京11R 東海S(ダ1,800m)
チャンピオンズC2着のテイエムジンソクが圧倒的1番人気。さすがに強そう。2番人気以降はどれも帯に短し襷に長しといった感じ。テイエムジンソクから流してもあまりつかないので、3連複に。今回は4頭ボックス。それに複勝でトウカイバローズとサングラスを。
 
買い目 3連複ボックス 8,9,10,12 各100円 複勝 12,13 各100円 (600円)
結果 1着テイエムジンソク 2着コスモカナディアン 3着モルトベーネ
 
テイエムジンソク完勝。コスモカナディアンはよく粘ったな。丹内騎手の好騎乗。2着以下は6馬身離れてモルトベーネ。期待してたオールマンリバーは最後方から最速の上がりを見せるも7着。さすがに位置取り後ろすぎ。
 
 
中山11R AJCC(芝2,200m)
ミッキースワロー、タンビュライトの明け4歳勢の対決、古豪ゴールドアクターが武豊騎乗で復活なるか。その辺が注目された今年のAJCC。休み明けのミッキーよりも安定感あるタンビュライトの方が今回は上と見て本命に。
 
買い目 馬連 7-1,3,5,8,11 各200円 (1,000円)
結果 1着タンビュライト 2着ミッキースワロー 3着マイネルミラノ
→的中 馬連 3-7 460円 (-80円)
 
逃げ粘るマイネルミラノをきっちり差したタンビュライトが勝利。ミッキースワローもメンバー最速の上がりを見せるも2着まで。的中するもトリガミ〜。ゴールドアクターは最下位。どうしてしまったのか。
 
 
 
そんなこんなでマイナス1,000円くらいとなりました。予想自体は悪く無かったけど、馬券が下手。
 
 

2018/01/22 

テイエムジンソク強い、速い!キッチリ勝利【東海S】他

短距離戦だけど勝ち馬には3冠馬もいる出世レース「紅梅S」で3着にきたグリエルマが気になってる

ただの「早熟スピード系牝馬」レースではない紅梅S

この20年では3冠牝馬スティルインラブやオークス馬ローブデコルテ、シンハライト、宝塚記念を制したスイープトウショウなどを輩出している新春の3歳牝馬限定オープン紅梅S。1,400mのレースにも関わらずオークス馬などを出していることから、ただの「早熟スピード牝馬」の集いでは無い、どこか重みを感じるレース。
 
今年は昨年同様の9頭立てと少し寂しい出走数となったものの、なかなかの素質馬も集まったんじゃないかと。圧倒的1番人気に推されたのはシグナライズ。フランケル産駒で前走の500万下を快勝し、ここに臨んできた。鞍上はルメール。人気になるのもうなずける。
 
しかし勝ったのは2番人気のモルトアレグロ。こちらはスパイツタウン産駒で前走のG1阪神JFで5着に健闘した馬。格で言えば一番上と言える。初めて手綱を握ったMデムーロ騎手の騎乗ぶりもさすがと言ったところ。
 
シグナライズもモルトアレグロも、そして2着に逃げて2着に粘りこんだラブカンプーもスピードタイプと思われるので、今年の上位馬のオークス制覇は難しそう。特にラブカンプーは父ショウナンカンプ、母父マイネルラヴと生粋のスプリンター血統。マイルも難しいかもしれない。
 

メンバー最速の上がりで3着に突っ込んだグリエルマが気になる

そんなスピード自慢が上位を占める中、後方待機からの直線一気で3着に突っ込んだのがグリエルマ。こちらも勝ったモルトアレグロ同様に阪神JF組。阪神JFではモルトアレグロと0.2秒差の7着だったので、ほぼ互角と言えるだろう。今年の紅梅Sは阪神JF組が上位に来たという結果に終わった。となるとラッキーライラックは相当強いのかもしれない。この辺はまた今度。
 
グリエルマの父はロードカナロアなのでこの先距離伸びて良い馬ではない。母アズマサンダースは桜花賞2着馬。母の雪辱を娘グリエルマは果たすことができるのか?(その前に出走権がまだ無いのだけども)
 

グリエルマの母は桜花賞2着のアズマサンダース

グリエルマ
 
グリエルマの母アズマサンダースは前述のスイープトウショウと同期で、そのスイープが勝ったチューリップ賞で2着に入り、本番の桜花賞では7番人気の低評価ながらメンバー上位の上がりタイムで追込み、ダンスインザムードの2着に入った。その後もマイル戦線で活躍し、繁殖入りした。
 
繁殖入りしたアズマサンダースは大きな期待がよせられ、毎年人気種牡馬がアテンドされた。キングカメハメハ、クロフネ、ファンタスティックライト。そうそうたるメンツだ。しかし、産まれてきた仔が走らない。ビックリする程走らないのだ。いまも笠松で走っているアドマイヤサクセス(父キンカメ)が一番良いくらいだ(中央未勝利も地方で5勝)。これだけ走らないにも関わらず牧場は有名種牡馬を付け続けた。そしてついに期待できそうな馬が産まれた。ロードカナロアを父に持つこの馬に関係者も相当期待してることだろう。
 
アズマサンダースの父はサンデーサイレンス、母はオースミシャイン。このオースミシャインは3歳1月のスプリントのオープン戦だった頃のフローラSの勝ち馬。当時のフローラSと現在の紅梅Sは同じような立ち位置のレースであると言えると思う。
 
オースミシャインが勝った1993年のフローラSは予想が当たったという記憶がある。鞍上は橋本広喜だった気がしたが増井裕騎手だったみたい。調べたらフローラSの一週間後にオースミポイントが橋本広喜騎手で京成杯を勝ってて、それと混同してたようだ。この京成杯も予想が当たった気がする。
 

グリエルマの母は桜花賞2着のアズマサンダース

だいぶ何の話かわかんなくなってきましたが、グリエルマはマイルまでは持つんじゃないかと思うので、短い距離のレースに出走してきたら迷わず買おうと思う。
 
 

2018/01/15 

短距離戦だけど勝ち馬には3冠馬もいる出世レース「紅梅S」で3着にきたグリエルマが気になってる

【今年初競馬】これは桜花賞勝っちゃうんじゃないの?というくらい強かったアーモンドアイのシンザン記念他


 
東京競馬場に行ってきた。今年初の競馬であるが、昨年は予想が今ひとつで結構負けちゃったような気がします。もはや「どう予想したらいいかわからない…」という気持ちにもなってましたが、年も変わったし、気持ちを新たに。競馬場に行く前に大國魂神社で必勝祈願をしようとしましたが、雨が降ってくるという幸先の悪さでしたが、そこはまぁしょうがないとして…。
 
競馬場に到着し、ご飯を食べる前に「かけつけ一杯」ならぬ「かけつけ1R」ということで中山8Rから。
 
 
中山8R 中山新春JS(障3,200m)
いきなりの障害Rだったのでパスしようかと思いましたが、とりあえず予想してみることに。ゼンノトライヴとウエスタンレベッカに人気が集まっていましたが、逆らえにくそうだなぁと。とは言えそれじゃつまらないので、穴のマイネルヴォーダンから人気2頭にワイドで買うことに。
 
買い目 ワイド 4-1,9 各100円(200円)
結果 1着ゼンノトライヴ 2着プレシャスタイム 3着ドリームハヤテ
マイネルヴォーダン5着 ウエスタンレベッカ7着
 
マイネルヴォーダンも最後は良い脚で迫ってきたんだけど、5着まで。ゼンノトライヴは順当勝ち。ウエスタンレベッカはどうしたんだ…やはり休み明けが響いたのかな。
 
 
中山9R 成田特別(ダ2,400m)
ダートの長丁場という珍しいレース。人気は3枠2頭に集まっていました。1番人気バレッティはキンカメ×ザレマという良血。近走は安定してたし、キンカメ×母父ダンスインザダークという少しもっさりした感じの血統なのでダ2,400mは良さそう。上位人気3頭に次ぐ4番人気のハヤブサライデンもコースが合いそうだし、どれを軸にしていいか迷う。迷った結果上位人気4頭にダート替わりが良さそうな8番人気サンシロウを含めた5頭の3連複ボックスに。こういう買い方って初めて。いつも2頭軸の3連複ばかり勝ってたので。
 
買い目 3連複ボックス 4,5,7,8,14 各100円(1,000円)
結果 1着ブランシェクール 2着サノサマー 3着セイカエドミザカ
 
ビックリする程の大ハズレ。ボックス5頭の着順は4,5,9,11,14とどうやっても当たらなそう。最初本命にしようかと思ってたハヤブサライデンはブービーの14着。今年もこのままハズレ続けるのか…。
 
 
中山10R 迎春S(芝2,200m)
中山の芝2,200mと言えばAJCCが思い浮かぶが、このレースを勝った馬が勢いでAJCCに向かいそうな1,600万下のこの迎春S。一昨年の京成杯で1番人気、昨年5月の目黒記念で2番人気におされる程の期待馬ウムブルフが本来ならば1番人気になりそうではあったが、まさかの馬体重+20キロ。押し出される感じでノーブルマーズが1番人気に。頭数も少ないし、ノーブルマーズを本命にしたらつかない。でもここはしょうがないので、ノーブルマーズから人気どこへ馬連で流す。
 
買い目 馬連 6-2,9 各200円 6-1 100円 (500円)
結果 1着ノーブルマーズ 2着ウムブルフ 3着エリモジパング
→的中 馬連2-6 220円 (-60円)
 
これがいわゆる「トリガミ」というやつである…。ノーブルマーズは完勝であったし、ウムブルフも次は勝つだろう。3着エリモジパングも頑張ったが、これ以上の結果は難しいだろう。
 
 
京都10R 羅生門S(ダ1,400m)
堅実なタイセイエクレールが1番人気。差の無い2番人気には4歳牝馬スマートレイチェルが。スマートレイチェルは昨春の3歳ダートOP青龍Sで1番人気におされるくらいの馬。今回武豊に鞍上が戻って改めて期待したいところ。しかしこれまた先ほどの成田特別同様に買い目を絞れない。上位人気馬にそんなに力差は無いように思えたし、5番人気のルグランフリソンが臭う。ルグランフリソンはこれまで22戦を走り、ダートは一度だけ。しかも6着に敗れているが、適性はあるように思えた。その負けたダート戦でも速い上がりを見せていた。というわけで先ほどと同じく5頭ボックスに。
 
買い目 3連複ボックス 8,10,12,14,15 各100円(1,000円)
結果 1着ルグランフリソン 2着エポック 3着タイセイエクレール
→的中 3連複12-14-15 3,860円 (+2,860円)
 
やりましたよ!ついにやりました。久しぶりの的中。しかもちょっと配当高め。これで今年もなんとかやっていけそうです。ルグランフリソンは強かった。鞍上の戸崎騎手は9Rに続いての勝利。今年に入って戸崎騎手絶好調。シンザン記念もまさか…。
 
 
中山11R カーバンクルS(芝1,200m)
「カーバンクル」って何?って調べたら「ガーネット」の別称らしい。1月の誕生石はガーネット。ガーネットSもありますね。ガーネットSはダート1,200mですが、カーバンクルは芝の1,200m。
圧倒的人気になっているのは去年のこのレースの覇者ナックビーナス。ナックビーナスは負けなそうだなと思ったんだけど、圧倒的人気だったので3連複で。例の5頭ボックス。少し調子に乗っています。4番人気に推されていた重賞馬ロードクエストは外した。一昨年の京王杯AHを勝って以来不振のロードクエストが距離短縮で変わり身あるんじゃないかというのが人気の理由だが、さすがに無理だろってことで。
 
買い目 3連複ボックス 1,2,5,6,7 各100円(1,000円)
結果 1着ナックビーナス 2着ペイシャフェリシタ 3着ロードクエスト
 
ロードクエストがメンバー最速の上がりで3着に突っ込んできた…。大外に出した時に「これは届いちゃうかも」って思ったんだよなぁ…。まぁ「ロードがきたらしょうがない」と思ってたので、しょうがない。
 
 
京都11R シンザン記念(芝1,600m)
金杯、フェアリーSと2日連続重賞を勝ち、今日も9、10Rと連勝できてる「今年乗ってる男」戸崎のアーモンドアイが1番人気。未勝利を勝ったばかりの馬だが、勝ちっぷりが良かった。ロードカナロア×フサイチパンドラという良血でもある。1番人気じゃなければ本命にしたんだけど、やはりみんな「今年の戸崎は違う」と感じているのか、アーモンドアイ が1番人気に。格で言えば上位の朝日杯組ファストアプローチ、カシアスは2番人気、4番人気に甘んじた。500万を鮮やかに勝ってきたカフジバンガードが3番人気。
 
雨も降ってきたし、やや重だったのでファストアプローチが巨体を揺らしながら力で押し切れるんじゃないかと思って本命に。切れ味鋭いアーモンドアイは評価を少し下げた。
 
買い目 馬連 2-1,3,7,8,9,11 各100円(600円)
結果 1着アーモンアイ 2着ツヅミモン 3着カシアス
 

アーモンドアイ強い〜!戸崎すごい〜!という結果。アーモンドアイとファストアプローチが出遅れたこのレース。後ろから差せるほどの鋭さはファストアプローチには無い。一方アーモンドアイには鋭さがある。馬場など関係ない。異次元の末脚だった。これは強いし、戸崎がとにかく乗れている。
 
 
 
 
というわけで、収支はピッタリのプラマイゼロ。今日の収穫はボックス買いを覚えたことと、アーモンドアイがめちゃ強いことがわかったことの2点。
 
 

2018/01/08 

【今年初競馬】これは桜花賞勝っちゃうんじゃないの?というくらい強かったアーモンドアイのシンザン記念他

競馬有識者による昨年のPOG結果を振り返って


 
年末年始に「ザ・POGドラフト会議2017-2018」という動画を見た。有識者がどんな馬を指名したのかなぁとダラダラ見てたわけだが、正直まだ結果が出ていないので判断がつきにくい。それよりも冒頭で紹介されていた昨年(2016-2017)のPOGの結果が気になり調べてみたんだけど、みんなさすがにすごい。
 
以下ざっと2016-2017の結果を列記してみます。
 
須田鷹雄(競馬評論家)
牡馬1位 トゥザクラウン(父キングカメハメハ 母トゥザヴィクトリー)5戦2勝 2,206万円
牡馬2位 ヘリファルテ(父ディープインパクト 母シユーマ)4戦3勝 2,300万円
新種牡馬 ソウルスターリング(父Frankel 母スタセリタ)9戦5勝 2億7,717万円 オークス、阪神JF
牡馬3位 ザウォルドルフ(父ディープインパクト 母ウィーミスフランキー)10戦1勝 445万円
牡馬4位 アルアイン(父ディープインパクト 母ドバイマジェスティ)8戦4勝 2億2,505万円 皐月賞
牡馬5位 ヘルデンレーベン(父ヴィクトワールピサ 母メイキアシー)11戦1勝 731万円
牝馬1位 フローレスマジック(父ディープインパクト 母マジックストーム)8戦1勝 4,812万円
牝馬2位 ミリッサ(父ダイワメジャー 母シンハリーズ)7戦3勝 4,739万円
牝馬3位 ディヴァインハイツ(父ハーツクライ 母ドバウィハイツ)4戦1勝 700万円
大穴血統 ライバーバード(父The Factor 母Broadway Lullaby)10戦1勝 1,030万円
 
木村拓人(「デイリー馬三郎」取材担当)
牡馬1位 モクレレ(父ディープインパクト 母アパパネ)7戦1勝 950万円
牡馬2位 レイデオロ(父キングカメハメハ 母ラドラーダ)7戦5勝 4億9,882万円 日本ダービー
新種牡馬 デコラス(父タートルボウル 母ルミナスハッピー)14戦2勝 1,410万円
牡馬3位 ダイワキャグニー(父キングカメハメハ 母トリプレックス)7戦4勝 6,992万円 キャピタルS
牡馬4位 ベストアドバンス(父ヴィクトワールピサ 母ジェイズジュエリー)1戦0勝 0万円
牡馬5位 レジェンドセラー(父ルーラーシップ 母トップセラー)12戦4勝 6,688万円
牝馬1位 エディフィス(父ステイゴールド 母シーズオールエルティッシュ)10戦2勝 42万円
牝馬2位 アズールムーン(父Malibu Moon 母ターシャズスター)8戦2勝 1,833万円
牝馬3位 キャナルストリート(父マンハッタンカフェ 母フィラストリート)5戦1勝 1,240万円
大穴血統 キャッチヒストリー(父アーネストリー 母エクスキタテヤマ)7戦2勝 37万円
 
栗山求(血統評論家)
牡馬1位 ヴァナヘイム(父キングカメハメハ 母グルヴェイグ)5戦1勝 3,856万円
牡馬2位 アドミラブル(父ディープインパクト 母スカーレット)5戦3勝 1億2,407万円 青葉賞
新種牡馬 カラル(父ルーラーシップ 母ナスカ)9戦1勝 994万円
牡馬3位 オーシャンセブン(父ディープインパクト 母ロリーフォードリー)8戦0勝 593万円
牡馬4位 サトノクロニクル(父ハーツクライ 母トゥーピー)10戦3勝 1億891万円 チャレンジC
牡馬5位 ムーヴザワールド(父ディープインパクト 母リッスン)6戦2勝 3,316万円
牝馬1位 コロナシオン(父キングカメハメハ 母ブエナビスタ)7戦1勝 1,293万円
牝馬2位 キャリコ(父ディープインパクト 母モシーン)5戦0勝 50万円
牝馬3位 パールズシャイン(父ディープインパクト 母スペリオルパール)3戦0勝 180万円
大穴血統 スリーミスヨハネス(父ヨハネスブルグ 母ラビアンローズ)9戦1勝 700万円
 
井内利彰(競馬ライター)
牡馬1位 ダブルバインド(父ディープインパクト 母ラッシュラッシーズ)5戦0勝 675万円
牡馬2位 フュージョンロック(父ステイゴールド 母シャピーラ)6戦1勝 930万円
新種牡馬 ルパルク(父タートルボウル 母グランパドドゥ)8戦2勝 415万円
牡馬3位 ビッグディザイア(父キングカメハメハ 母レッドディザイア)4戦1勝 500万円
牡馬4位 インヴィクタ(父ハービンジャー 母ラスティングソング)5戦2勝 2,203万円
牡馬5位 モンドキャンノ(父キンシャサノキセキ 母レイズアンドコール)9戦2勝 8.601万円 京王杯2歳S
牝馬1位 レッドオルガ(父ディープインパクト 母エリモピクシー)4戦2勝 1,792万円
牝馬2位 ジュンテオドーラ(父ディープインパクト 母アートプリンセス)12戦1勝 1,555万円
牝馬3位 アカカ(父クロフネ 母クイーンカアフマヌ)5戦1勝 500万円
大穴血統 ベルウッドカペラ(父キンシャサノキセキ 母スイートカルタゴ)18戦0勝 250万円
 
池江泰郎(元調教師)
牡馬1位 サトノアーサー(父ディープインパクト 母キングスローズ)8戦2勝 6,872万円
牡馬2位 サトノヴィクトリー(父ステイゴールド 母ジョコンダII)5戦1勝 575万円
新種牡馬 ホウオウドリーム(父ルーラーシップ 母メジロドーベル)8戦3勝 3,225万円
牡馬3位 ジェニアル(父ディープインパクト 母サラフィナ)4戦1勝 550万円
牡馬4位 サトノポラリス(父ディープインパクト 母モアザンベスト)2戦0勝 0万円
牡馬5位 ダノンオブザイヤー(父ディープインパクト 母レディジョアン)8戦1勝 1,140万円
牝馬1位 ヴィニー(父ディープインパクト 母コケレール)3戦1勝 575万円
牝馬2位 ミスエルテ(父Frankel 母ミスエーニョ)7戦2勝 4,742万円 ファンタジーS
牝馬3位 アオイテソーロ(父ルーラーシップ 母リアルナンバー)11戦1勝 1,615万円
大穴血統 シェアマインズ(父トーセンホマレボシ 母カイゼリン)16戦0勝 3万円
 
2016-2017の模様はこちら→1/2/3/4/5/
まず何と言っても昨年のダービー馬レイデオロを見事に指名した「デイリー馬三郎」の木村さん。通常POGってダービーまでの結果で争うと思うんだけど、ダービー馬を指名したあたり神がかってる。レイデオロ以外ではキャピタルS(OP)を制したダイワキャグニー、12月のオリオンS(1,600万下)を制してオープン馬になったレジェンドセラーあたりを指名しており、アベレージもなかなか。
 
おなじみ須田鷹雄さんもすごい。阪神JF、オークスを制したソウルスターリング、皐月賞を制したアルアインと2頭のクラシックホースを指名。牝馬1位指名のフローレスマジックもオークス6着の他、重賞で2着1回、3着2回と堅実に賞金を稼いでいる。
 
栗山求さんは青葉賞を制したアドミラブル、チャレンジCを制したサトノクロニクルと2頭の重賞馬を指名し、井内利彰さんは渋く京王杯2歳Sのモンドキャンノを指名、獲得賞金で最下位となった池江元調教師もソウルスターリングとともにFrankel旋風を巻き起こしたミスエルテを指名。
 
みんな重賞馬を指名してて単純に凄い。購入価格を気にせずに指名できるとは言え、重賞馬を選択できるってのは簡単なことじゃない。さすが有識者と言ったところ。
 
しかし、3歳シーズンが終わった段階で中央未勝利→地方転厩の馬もちらほらいて、やはり走ってみないとわからないものだなぁと。だからこそ、10頭の指名馬の中から重賞馬を出すってのは簡単じゃないよって話。しかもG1馬まで指名するってまじやばい。
 
 
それをふまえて今年(2017-2018)の指名馬を見てみる。
 
須田鷹雄
牡馬1位 アドマイヤキング(父キングカメハメハ 母アドマイヤテンバ)2戦1勝 700万円
牡馬2位 ヘンリーバローズ(父ディープインパクト 母シルヴァースカヤ)2戦1勝 780万円
新種牡馬 ウィキッドアイズ(父オルフェーヴル 母ウィキッドリーパーフェクト)2戦0勝 0万円
牡馬3位 シエラネバダ(父ディープインパクト 母ミスパスカリ)2戦1勝 500万円
牡馬4位 サトノソルタス(父ディープインパクト 母アイランドファッション)1戦1勝 700万円
牡馬5位 クナルゲニアール(父ハーツクライ 母カリ)未出走
牝馬1位 ダノンチェリー(父ディープインパクト 母ウィーミスフランキー)2戦0勝 0万円
牝馬2位 プリュス(父ヴィクトワールピサ 母サラフィナ)2戦1勝 500万円
牝馬3位 ロールモデル(父ディープインパクト 母インランジェリー)未出走
大穴血統 カレンヒップスター(父ショウナンカンプ 母ディオベルタ)1戦0勝 0万円
 
木村拓人
牡馬1位 フラットレー(父ハーツクライ 母リッチダンサー)3戦1勝 860万円
牡馬2位 レイエンダ(父キングカメハメハ 母ラドラーダ)1戦1勝 700万円
新種牡馬 レピアーウィット(父へニーヒューズ 母ランニングボブキャッツ)4戦1勝 1,055万円
牡馬3位 グローリーヴェイズ(父ディープインパクト 母メジロツボネ)2戦1勝 1.105万円
牡馬4位 バレリオ(父ステイゴールド 母リリウム)1戦1勝 700万円
牡馬5位 テトラルキア(父ハーツクライ 母マリアロワイヤル)1戦0勝 0万円
牝馬1位 ノチェブランカ(父ディープインパクト 母ナイトマジック)3戦0勝 0万円
牝馬2位 ダノンポピー(父ダイワメジャー 母マネーキャントバイミーラヴ)1戦0勝 70万円
牝馬3位 ミッキーパパイア(父ルーラーシップ 母スターシンフォニー)2戦0勝 0万円
大穴血統 ロンギングファロー(父ストロングリターン 母ピュアマインド)1戦0勝 280万円
 
栗山求
牡馬1位 グレートウォリアー(父ディープインパクト 母プラウドスペル)未出走
牡馬2位 リシュブール(父キングカメハメハ 母ラストグルーヴ)3戦1勝 980万円
新種牡馬 アプルーヴァル(父オルフェーヴル 母ファシネイション)2戦0勝 0万円
牡馬3位 シンハラージャ(父オルフェーヴル 母シンハリーズ)1戦0勝 110万円
牡馬4位 ブレイニーラン(父ディープインパクト 母プチノワール)2戦0勝 380万円
牡馬5位 キタノコマンドール(父ディープインパクト 母ベネンシアドール)1戦1勝 700万円
牝馬1位 サラキア(父ディープインパクト 母サロミナ)未出走
牝馬2位 ミカリーニョ(父ハーツクライ 母ミスエーニョ)2戦1勝 780万円
牝馬3位 シエラ(父オルフェーヴル 母ゴールデンドックエー)1戦0勝 180万円
大穴血統 マイネルマンデリン(父ジョーカプチーノ 母セラミックガール)未出走
 
井内利彰
牡馬1位 ピボットポイント(父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス)2戦0勝 270万円
牡馬2位 フランツ(父ディープインパクト 母ロベルタ)2戦1勝 772万円
新種牡馬 ミッキーワイルド(父ロードカナロア 母ワイルドラズベリー)1戦1勝 700万円
牡馬3位 タガノプレトリア(父ヨハネスブルグ 母タガノティアーズ)7戦1勝 1,125万円
牡馬4位 アメイジングセンス(父ハーツクライ 母ヴォルドニュイ)3戦0勝 50万円
牡馬5位 リンガラポップス(父キンシャサノキセキ 母クラシックローズ)5戦1勝 920万円
牝馬1位 スターリーステージ(父ディープインパクト 母スターアイル)4戦1勝 1,080万円
牝馬2位 シャンデリアスピン(父ノヴェリスト 母ダンスインザムード)3戦0勝 0万円
牝馬3位 ブライトパス(父ロードカナロア 母ルミナスポイント)未出走
大穴血統 サウンドキララ(父ディープインパクト 母サウンドバリアー)2戦1勝 955万円
 
池江泰郎
牡馬1位 シルヴァンシャー(父ディープインパクト 母アゼリ)2戦1勝 850万円
牡馬2位 サトノグロワール(父ディープインパクト 母シャムロッカー)1戦0勝 280万円
新種牡馬 トゥザフロンティア(父ロードカナロア 母トゥザヴィクトリー)3戦1勝 1,344万円
牡馬3位 サトノエターナル(父ディープインパクト 母ソーメニーウェイズ)1戦0勝 280万円
牡馬4位 トーセンブレイヴ(父キングカメハメハ 母ギーニョ)4戦0勝 275万円
牡馬5位 ミッキーセレブ(父ディープインパクト 母レディジョアン)未出走
牝馬1位 マルケッサ(父オルフェーヴル 母マルペンサ)1戦0勝 0万円
牝馬2位 シーリア(父キングカメハメハ 母シーザリオ)2戦0勝 355万円
牝馬3位 ソシアルクラブ(父キングカメハメハ 母ブエナビスタ)2戦1勝 700万円
大穴血統 オールフォーラヴ(父ディープインパクト 母レディアルバローザ)未出走
 
 
いまのところ重賞勝ち馬はゼロ。去年で言えばソウルスターリング、ミスエルテ、モンドキャンノが重賞を勝ってたので、それと比べると今年は今ひとつの成績。とは言え、これからクラシックに向けて台頭してくる指名馬もいるだろう。須田さん牡馬2位のヘンリーバローズは大物感ある。
 
個人的に注目してるのは木村さんの上位指名馬たち。
 
牡馬1位のフラットレーはこないだのホープフルSで本命にしたくらい注目してるので頑張って欲しい(ホープフルSは惨敗したけど)。牡馬2位のレイエンダは7月に新馬勝ちしたあと骨折してしまったっぽいが、ダービー前くらいに復帰するとかいう情報がネットにあるので、気長に見守りたいところ。
 
「新種牡馬」の項目で指名したレピアーウィット。これまで4戦1勝、2着2回という馬ではあるが、デビューから3戦芝を使われて惜敗していたが、前走初ダートで2着に0.9秒差をつけて圧勝。全兄に朝日杯FS勝ち馬のアジアエクスプレスがいる良血。兄もダートで勝ち上がり、芝もこなしてG1を勝ったが、本質的にはダート馬だったと思うので、レピアーウィットもこのあとダートでどこまでやってくれるか楽しみ。早熟マイラーだとは思うけど。
 
池江さんの(オマケの)「大穴血統」指名馬オールフォーラヴもそろそろデビューしそうで、大物感あるので、オークスに間に合ったりしないかなと見ております。怪物ダノンプレミアムと同厩。期待。

ハイレベルな面々が集う中内田厩舎だが、これからデビューする馬の中にも「期待度の高い3歳馬」がいるという。オールフォーラヴ(牝3歳/父ディープインパクト)だ。スタッフによれば、すでに活躍している厩舎の”同僚”にもヒケをとらないほどの素質がうかがえるそうだ。その様子を関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。「『オールフォーラヴはいかにも走りそうな雰囲気を持っていて、典型的な”いいディープ産駒”』とスタッフ。『初戦から勝ち負けできるのではないか』という手応えもつかんでおり、将来性もかなり高そうです」

ダノンプレミアムに続け。気鋭の厩舎から逸材オールフォーラヴが登場(Sportiva)
 
 
そんなわけでダービーが楽しみなんですが、しかし昨年の僕のダービー本命馬カデナはどうしてしまったというのか…あれが母父フレンチデピュティの運命なのか…いや、兄のスズカコーズウェイは5歳で初重賞制覇したし、距離短縮に活路があるんじゃないか?!
 
 

2018/01/08 

競馬有識者による昨年のPOG結果を振り返って

競馬を見始めて27年「思い出の有馬記念3選」

今週末は有馬記念。有馬記念ということはもう年末。早いなぁ。
 
今年の有馬記念はキタサンブラックの引退レースということで盛り上がっています。この数年、ターフを盛り上げ続けたキタサンブラック。優秀の美を飾って欲しいなと思うわけです。馬券は買うかわかりませんが、もし買うならばキタサンから買います。
 
そんな有馬記念ですが、今年が第62回だそうです。僕が記憶に残ってる最古の有馬記念はあのオグリキャップ奇跡の復活で知られる第35回なので、それから30回近くも有馬記念を見てるんだなぁと驚きます。
 
有馬記念は数々のドラマを生み、僕も思い出深いレースがいくつかあります。今回は僕が見てきた有馬記念の中でも特に思い出深い3つのレースを紹介します。
 
 

【第38回有馬記念 1993年】


 
前年の秋から競馬をちゃんと見始めた僕ですが、その前年のジャパンカップで海外の並みいる強豪を蹴散らし優勝したのがトウカイテイオー。皇帝ルドルフの初年度産駒であり、無敗の二冠を達成した後に骨折し、5歳(現4歳)で復帰し大阪杯(当時G2)を制するも、その後の天皇賞春、天皇賞秋と惨敗し「終わった」と思われている中でのジャパンカップ制覇は感動させられました。
 
しかし直後の有馬記念では1番人気ながら11着の惨敗。レース中に筋肉を痛めてしまい、休養に入り、宝塚記念を目標に調整するも今度は骨折が判明。復帰は遅れに遅れ、結局ターフに戻ってきたのは惨敗した有馬記念以来の有馬記念。実に364日ぶりのレース。ぶっつけ本番にしては厳しい舞台。
 
1993年の有馬記念はクラシックを湧かせたビワハヤヒデが1番人気に推され、この年のジャパンカップを制したレガシーワールド、この年のダービー馬ウイニングチケット、牝馬二冠馬ベガ、ライスシャワー、メジロパーマー、ナイスネイチャとそうそうたるメンバーがそろった。そんな中トウカイテイオーは4番人気に支持された。ちなみに僕はビワハヤヒデを本命に推していた。連対率100%のビワハヤヒデ。この有馬の前には弟のナリタブライアンが朝日杯を制していた。兄も負けられない。
 
レースはいつものようにビワハヤヒデが前目のベストポジションをキープし、直線で抜け出し押し切る展開。そこにトウカイテイオーが猛然と追込み、かわして勝利。まさかまさかの復活劇に誰もが感動したことでしょう。鞍上の田原も涙を流しながらのヒーローインタビュー。感動しました。
 
 

【第58回有馬記念 2013年】


 
トウカイテイオーの復活から20年。三冠馬オルフェーヴルの引退レースとなった2013年の有馬記念。前年挑戦し、惜しくも2着となった世界最高峰のレース「凱旋門賞」をこの年も再び挑戦し、またしても2着に敗れてしまったオルフェーヴル。傷心のオルフェーヴルがフランスから帰国し、引退レースに選んだのがこの年の有馬記念。
 
世界トップクラスの実力を誇る一方で、騎手を振り落としたり、コーナーを曲がらなかったりと気性の悪さも一流。そんなとこも人気だったスーパーホースの引退レース。単勝は1.6倍という圧倒的な人気となりました。
 
レースでは3角からのまくりで先頭で直線に向かったオルフェーヴルがそのままぶっちぎりで優勝。2着に8馬身差の圧勝劇。強い馬が強い勝ち方で勝つというのも競馬の醍醐味であり、まさにそれを体現した最高のレースでした。
 
僕は渋谷のウインズにて観戦していたのですが、オルフェーヴルがゴール板を通過した後にどこからともなく拍手がおこり、ウインズ全体で拍手が広がっていきました。こんなことは初めての経験で、オルフェーヴルがいかに多くの人から愛されていたんだなぁと実感できた良い体験をしました。
 
 

【第35回有馬記念 1990年】


 
冒頭にも書いたように「僕が覚えてる最古の有馬記念」であるのがこの1990年の有馬記念。オグリキャップ復活のラストランで有名なこのレース。
 
オグリキャップのこの有馬記念については数多くのメディアで語り尽くされているので、改めてここで書くまでも無いのですが、かいつまんで箇条書きで書くと、
・超マイナー血統、地方競馬出身という非エリート
・笠松競馬で連勝し、中央競馬に移籍し、並いるエリートを次々に撃破
・オーナーが替わったり、その影響か、常識ではあり得ない過酷な出走
・それでも健気に走り続けて賞金を稼ぎまくる
・疲れ果ててスランプ
・「終わった」という評価ながら引退レースで奇跡の復活
と、ドラマよりもドラマな運命を辿ってきた希代のスーパーホースがオグリキャップ。これだけでいかにドラマチックだったのかが想像できるんじゃないかと。
 
正直「覚えてる最古」と書いたけど、リアルタイムで見たのか記憶が曖昧なんですよ。でも未だにこの最後の有馬記念のレースを見ると目頭が熱くなる。それくらい破壊力のあるドラマなんですよね。
 
 
というわけで長々と書きましたが、有馬記念は「好きな馬を買って応援するレース」とも言われているような言われていないような、そんなレースなので、自分の贔屓の馬を応援してみてください。
 
 

2017/12/18 

競馬を見始めて27年「思い出の有馬記念3選」

朝日杯FS有力のタワーオブロンドンの父レイヴンズパスが気になっている

競馬を見始めた20数年前はけっこう血統から予想していたものだが、しばらくブランクがあった後に去年くらいからポチポチと改めて競馬を見始めたが、もはや血統がよくわからなくなった。
 
それは離れていた間に登場した種牡馬などの知識が無いというのもあるが、キタサンブラックのような母父サクラバクシンオーにも関わらず菊花賞やら天皇賞春やらを勝つなんてちょっと意味わからない。そういう意味不明な事が起こるのも競馬の楽しみではあるのだが。
 
 
さて、そんなわけで朝日杯。
 
2戦2勝のダノンプレミアムが1番人気になりそう。出走メンバー唯一の無敗馬。先週の阪神JFも無敗のラッキーライラックが制したということもあり、今週も無敗の大器ダノンプレミアムに人気が集まりそうだ。
 
ダノンプレミアムは、父ディープインパクト、母父インティカーブという血統。インティカーブの種牡馬成績は期待程ではないような印象だが、日本でもおなじみのスノーフェアリーが代表産駒なので、ひょっとしたら日本向きかもしれない。母父としてはイググやファウンドを輩出。日本ではサトノラーゼンなど。まぁ良血ですわ。
 
一方で2番人気になりそうなのがタワーオブロンドン。僕はこのタワーオブロンドンに期待してる。
 

 
タワーオブロンドンは4戦3勝。2戦目のクローバー賞で丸地のダブルシャープに遅れをとったが、その後のききょうS、京王杯2歳Sは完勝。特に前走の京王杯は強かった。戦前は少し懐疑的だったんだけど、あの走りを見て考えが変わった。これは相当強い、と。
 
タワーオブロンドンの父はBCクラシック勝ち馬のレイヴンズパス。ざっとしか見てないけど、正直種牡馬成績は芳しくないような感じ。現役時代の成績を考えるとすこぶる悪い。ただ血統を見るととても興味深く、もしかしたら日本に輸入したら成功するんじゃないか?と思ってる。
 
レイヴンズパスの父はゴーンウエストの仔Elusive Quality。現役時代はパッとしなかったけど、種牡馬としてはスマーティージョーンズなんかを輩出してる。レイヴンズパスも代表産駒。Elusive Qualityの母父はノーザンダンサー系ではあるが、マイナーなHeros Honor。
 
レイヴンズパスの母系がまたマイナーというかマニアックというか。母父系をさかのぼると名馬ブリガディアジェラードに行き当たるが、このブリガディアジェラードが種牡馬成績が全く奮わなかった。その仔でアルゼンチンで種牡馬となったジェネラルが現地で種付けして産まれたのが母父ロードアットウォー。というわけでロードアットウォー自体の血統構成はかなり異流。そしてその他の血統も現代ではあまり見ないような血統構成。
 
となると思い出すのがサンデーサイレンス(短絡的w)。サンデーの父は名種牡馬ヘイローではあったが、母系が圧倒的マイナー血統。それが理由でアメリカでは人気が出ずに日本に輸入することができたという話を有名。このレイヴンズパスも父はミスプロ系で現代の主流ではあるが、母系はかなりの異流。日本に溢れているサンデー系、ノーザンダンサー系とも配合できるし、ブライアンアズタイムなどのヘイルトゥリーズン系、トニービン系などとも配合しやすいのですごく良いんじゃないかと。社台さん、どうですかね?w とは言えもう12歳ですし、それなりのリスクはあるけど、期待持てるんだよなぁ。
 
 
そんなわけで、そういう観点からも明日の朝日杯でのタワーオブロンドンの走りには注目してるんですよ。距離は問題無いと思うし、実力を出せば、ダノンプレミアムを負かすだけの力はあるんじゃないかと。その他だと、やはり人気のステルヴィオにも注目。ところで穴人気になりそうなディープ産駒ケイアイノーテックの母父はさっき名前が出たスマーティジョーンズなんだなぁ。
 
 
※追記 2017/12/17
ダノンプレミアム、強かったですね。阪神1,600mでのディープ産駒の強さもあるけど、そもそもの実力も頭一つ抜けてる感じ。ステルヴィオもよく追い込んだけどロードカナロア産駒だし、クラシックは難しいのかも。同様にタワーオブロンドンもやはり短い距離の方が良さそう。マイルに関しては乗り方次第かなぁとも。もっと後ろからの方が良い。
 
 

2017/12/16 

朝日杯FS有力のタワーオブロンドンの父レイヴンズパスが気になっている